コンプライアンスカードとか冊子

コンプライアンスの注意事項をカードや冊子にする会社があります。

たくさんあります。

でも、そのうちのほとんどが「作っただけ」になっています

 

ちょっと辛口の言い方になりますが、結局見通しが甘いんですね

  • 作ってどうする?
  • どうやって浸透させる?
  • 配っただけになっていたらどうする?

 

作ることを悪く言っているのではありません。

作ることでやった気になり、そこで手を緩めていることが問題だと言っているのです。

 

コンプライアンスカードや冊子は手段(または道具)に過ぎない。

道具は実際に動かしてはじめてその効果を発揮する。

そう私は考えます。

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をブログ用に書き換え)
(無断転載や無断複製禁止)

これは、弊社が行っている教育で実際に使用しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です