コンプライアンス、本気になるには

コンプライアンス対策を本気でやるにはどうしたらいいか?
あなたは知っていますか。

本当はこんなこと言いたくないのですが、正直に言います。

多くの企業の実態を見てきた経験から言えるのはこれです。

【 痛い目に遭うまで放っておく 】

・・・結局、分からないんですね。
自分が当事者にならないと。

  • どの企業も正直言って甘い。
  • どこか他人事(ひとごと)。
  • 自分のところは大丈夫、とどこかで思っている

 

皆さんに子供がいたら言いませんか
「お前、その時になったら遅いんだぞ
「だから、今からしっかりやっておけよ
って。

皆さんに部下がいたら言いませんか
「君、その時になったら遅いよ
「だから、今からしっかりやっておいた方がいいよ
って。

 

なのに、子供や部下にそういうことを言っているであろう人が、自分のことになるとやらない
できない。

でも、その時になったら遅いんです。

だから、今のうちにやっておいた方がいい。

そう私は考えます。

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をブログ用に書き換え)
(無断転載や無断複製禁止)

これは、弊社が行っている教育で実際に使用しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です