徹底した意識改革

悪いのは「あいつ」でも「あの部署」でもない。
-変わるために必要なのは「深く気づく」こと-

 

ポイント

  • 何をするか

→ 強烈な意識改革

  • やるとどうなるか

→ これまでの自分に愕然とし、意識が変わる

 

本研修の難易度

  • 上級レベルです。
  • 不正や違反を起こした組織極めて本質的なこと徹底的に教える研修です。

 

「守れない」のメカニズムと対処法

コンプライアンスは、言われなくても「自分で守る」もの。

しかし、現実は

  • 教えたのに動かない
  • 言ったのに守らない

のように、「分かっちゃいるけどできない」が蔓延しています。

 

どうしてこんなことが?

なぜ、こんなことが起こるのか?

それは、「自ら守る」という内発的な対策が不足しているからです。
(下図太枠囲み箇所参照)

(出所)パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 「コンプライアンス資料」

どうしたらいい?

このような状況を打開するには、上図グリーンの大きな矢印で示された「自ら守る」ための教育が必要です。

 

前提となる考え方

 

講師

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

哲学や心理学に対する造詣が深く、それらの知見をコンサルティング・意識改革・人材育成等に採り入れ応用。伝統的日本企業の組織や人材に対する深い理解と経験を有しており、日本国内中心で活動している企業のみならず、グローバル企業に対してもコンサルティングサービスを提供している。

通常のコンサルティング・研修に加え、外資系クライアント向けに英語によるコンサルティングやファシリテーションも行う。

※ 講師によるコンプライアンス教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫

 

内容