不祥事を起こした会社

どことは言いませんが、不祥事を起こした企業に申し上げたいことがあります。
どんなことか?

それは、
本当に反省したのですか?
ということです。

確かに口では反省の言葉を仰った
確かに再発防止策をいくつも実施した
確かに表面は違うようになった

しかし、ですよ。
私には本当に反省しているようには見えないのです。

見えたのは、第三者委員会が調査に入った時。
見えたのは、それを開示した時。
見えたのは、再発防止の緊急特別全社教育の時。

反省の気持ちが見えたのは、せいぜい最初の半年間
本当はことが終わって3ヶ月目あたりから、“もう大丈夫感”が漂いはじめていた。

あれじゃあダメですよ。

全然、腹の底から悪かったと思っていない
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」を地でいっている。

何のために緊急教育をしたのですか
何のために私とあんなに議論したのですか
あの時の真剣なまなざしはどこへ行ってしまったのですか

不祥事を起こした企業にもう一度お聞きしたい。
本当に反省したのですか?

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をブログ用に書き換え)
(無断転載や無断複製禁止)

これは、弊社が行っている教育で実際に使用しているものです。