パワーハラスメント研修

(パワハラした人とパワハラをしていない人の両方に効く)

一過性でない知識と長続きする効果、の研修です。

 

 

はじめに以下をお読み頂いた上でご覧下さい。

 

本研修の難易度

  • レベル(初)~(中)です。
  • コンプライアンスに詳しい必要はありませんが、コンプライアンスについてある程度知っている方が理解度は高まります。

 

この研修の目的

  • パワハラ発生後の組織にいるパワハラした人同じことを二度としないようにする。
  • パワハラ発生後の組織にいるパワハラしたことのない人これからもしないようにする。

 

効果

  • パワハラ熱心な指導の違いが分かる。
  • パワハラをしないために」を「どう」すればいいかが分かる。
  • パワハラはする人やされた人の問題ではなく、社員一人一人の問題であり、職場全体の問題であることが分かる。

 

講師

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

哲学や心理学に対する造詣が深く、それらの知見をコンサルティング・意識改革・人材育成等に採り入れ応用。伝統的日本企業の組織や人材に対する深い理解と経験を有しており、日本国内中心で活動している企業のみならず、グローバル企業に対してもコンサルティングサービスを提供している。

通常のコンサルティング・研修に加え、外資系クライアント向けに英語によるコンサルティングやファシリテーションも行う。

※ 講師によるコンプライアンス教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫

 

内容

  • 軽度なものを含めた、コンプライアンス上の問題(パワハラ)が発生した組織を対象にした専門コースです。
  • 全国対応。
  • 詳細は中沢まで、本サイト運営会社のフォーム(別サイト)からお問い合わせ下さい。
  • 恐れ入りますが、個人/プライベートのメールアドレスでのお問い合わせはご遠慮下さい。