日常を変えなければコンプライアンスは守れない

自分で守るコンプライアンス(パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー)

 

混雑した車中。
・・・他人を邪魔していることに気付かず肩にカバンを提げたままの人が、
         本当の顧客満足を提供できるだろうか。

「他にやっている人もいるし、いいだろう。」
・・・顔をしかめた後ろの人の気持ちを推し量れない歩行喫煙者が、
         社会的責任を果たしきれるだろうか。

「言い訳不要」
・・・厳しいことを言いながら、自分の不得手を死に物狂いで直そうとしない上司に、
         部下がついてくるだろうか。

些細なことでも、視点を変えれば新しいことが見えてくる。
本質は身近なところにある。

五感を使って対象に迫れ。そして日常から根本に向かって考え続けろ。
そうすれば、根源が見えてくる。

中沢 努作品集より
(無断転載や無断複製禁止)

 

2018年11月より、本資料を有償で社内利用できるサービスを始めました。
11月中にお申し込み頂くと半額でご利用できます。
ご希望の企業は使用したい資料のタイトルを明記しページ上部又は下部の青いボタンからお問い合わせ下さい。

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/