コンプライアンス アラカルト研修

ポイント

  • 何をするか

→ コンプライアンスに対する「深い理解」の教育

  • やるとどうなるか

→ 「既存の研修」では得られなかった、腹の底からの納得が生まれる

 

背景の考え方

 

本研修の難易度

  • 各単元に応じたレベル(初級~上級)です。

 

単元(テーマ=学習単位)を自由に選べる

  • この研修は、依頼主が自分の希望や自社のニーズで単元(学習単位)を自由に選ぶアラカルト研修*です。

(* アラカルト=メニューから好きなものを1品ずつ注文するやり方)

 

単元メニュー

(例)

【ケース/事例】

A. 不適切融資をした銀行の行員
H.油圧機器メーカーによるデータ改ざん問題

 

研修の進め方

  • 研修は受講者とのやりとりを通じた「問答法」で行います。
  • 講師は単元の作者です。
  • 講師は受講者に設問(問い)を与えながら、内容の理解を促します

 

対象

  • 社長・役員・取締役
  • 管理職・リーダー
  • 若手向け
  • 新入社員

 

講師

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

哲学や心理学に対する造詣が深く、それらの知見をコンサルティング・意識改革・人材育成等に採り入れ応用。伝統的日本企業の組織や人材に対する深い理解と経験を有しており、日本国内中心で活動している企業のみならず、グローバル企業に対してもコンサルティングサービスを提供している。

通常のコンサルティング・研修に加え、外資系クライアント向けに英語によるコンサルティングやファシリテーションも行う。

※ 講師によるコンプライアンス教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫

 

内容