MENU

不正の現実

  • おべんちゃらでポジティブワードを書いても寒々しいので、ありのままの言葉を載せています。
  • コンプライアンスの現場でそのとき浮かんだ言葉をそのまま書いたので綺麗な言葉とは限りませんし、文脈を無視した「唐突なひと言」だけを書くこともあります。
  • 読み手の責任で解釈下さい。

 

不祥事の発端となった出来事の原因を調べていったら

 

結局のところ、

 

ルールを破らない、という基本を

 

「やりきる」ことができなかった、

 

だった。

 

こころの底から悪かったな、と

 

思わない限り

 

どんな対策をしても

 

会社は変わらない。

 

社内常識を疑ってみないと何が問題なのかがわからないのに、

 

それを疑おうとしない

 

なぜやらない

 

やってみればいいのに。

 

私自身を含め

 

人はみな「弱さ」を抱えている、

 

だから時には必要ではないか

 

厳しさが。

 

決まりを守るというのは

 

社会人としての基本だが、

 

年次が上がるにつれ

 

その意識が希薄になっている、

 

ように感じられる

 

言っていることは分かりますが出来ません、という現場を調べて分かったことは

 

やりたくないからやっていないだけ、という事実のオンパレードだった

 

コンプライアンス精神がなっていないのに、

 

精神論を馬鹿にするな、

 

それに気づけないから、

 

こんなことになったのではないか。

 

社員に守れと言うのなら、

 

守れる環境にしてあげればいいのに、

 

それがない。

 

なぜこうなった、と言うが

 

それは自業自得ではないか

 

判断をしない、というかさせない仕事の与え方だったということか

 

ついやってしまった、で済ませていいのか

 

これでは負が溜まる

 

結局、自部門のことしか考えていない

 

だから連携できない

 

上司の言うことを “まる飲み” してる

 

自分で善悪を判断しようとする気持ちがない

 

うわ、

 

なんだこの人は・・・

 

言っていることは普通だが、やっていることが・・・

 

ずるい、汚い、卑劣

 

肩書きは立派だが「人としての良心」がない

 

まあ、だから“偉く”なれたのだろうが

 

自分の発言や行動を説明できない一般社員

 

なぜそんな説明できないことを引き受けた

 

(よくないことだと)分かっていたと今頃言ってもはじまらない

 

この人たち、自分を高めようという気持ちがあるのか

 

あったらこんなことしないだろう

 

本気でコンプライアンスに取り組み社員が少ないのは、

 

本気でコンプライアンスに取り組んでいる担当者が少ないからではないか、

 

髪の毛を逆立てるくらい本気の。

 

コンプライアンス指導者に必要なもの

 

それは人間力

 

あの不正は小さな嘘が発端(ほったん)だった

 

耳が痛くても大事なことは言わなくちゃいけない

 

名ばかりコンプライアンスになるのには理由がある

 

面倒くさいとか言って

 

わかっているのにやらない

 

という、こども以下の態度

 

そして、こども以下の精神

 

いい年した「大のおとな」が

 

ネガティブワードが多いが

 

しかたない

 

これが現場の実態なのだから

 

おべんちゃらでポジティブワードを書いても

 

甘ったれた評論家風情が跋扈するだけだ

 

有言不実行の上司

 

社内政治の蔓延

 

保身しか考えない役員

 

言い訳のオンパレード

 

再発する組織に共通する宿痾

 

とりあえず「聞く態度」はとる

 

でもそれだけ

 

これも再発、繰り返す組織に共通

 

無自覚

 

無感覚

 

無責任

 

教える側に問題あり

 

それに気づいていないことがもっと問題

 

臭いものにフタ

 

形合わせ

 

その場限り

 

見て見ぬ振り

 

丸投げ

 

他人(ひと)まかせ

 

エゴの充満

 

内向き

 

縦割り

 

形式主義

 

タコツボ化

 

責任感の形骸化

 

思考停止

 

ただのお勉強会?

 

表には出ない「裏で支えた人」がいた。

 

イエスマンの返上。

 

止められなかった人も同罪。

 

諌められなかった人も同罪。

 

傍観した人も同罪。

 

社内講師の能力。

 

教える人自身が分かっていない。

 

もう少し他人の痛みに関心を持てばいいのに。

 

自分がされたらいやだろう。

 

それはルール以前の問題。

 

自分が理解したことだけを言う。

 

目を見て話さないと。

 

言ったことをやっている。

 

聞くに値する。

 

現場に行かなくてどうするんだ。

 

それって、他人のせいにしているだけだろう。

 

もっと自分の頭を使え。

 

結局、こころが汚い。

(無断転載や無断複製禁止)

※ 無断転載 無断複製禁止

※記載内容について誹謗中傷等固くご遠慮下さい。

 

 

 

PAGE TOP