現場の盲点をふまえた効果ある研修
繰り返さないためのショック療法

悪いのは「あいつ」でも「あの部署」でもない。
-変わるために必要なのは「深く気づく」こと-

 

本研修の特長

  • 不正や違反を起こした組織極めて本質的なこと徹底的に教える研修です。

 

ポイント

  • 何をするか

→ 強烈な意識改革

  • やるとどうなるか

→ これまでの自分に愕然とし、意識が変わる

 

受講者の声

今まで数々のコンプライアンス研修を受講してきたが、一番身に染みる内容でした。

非常に厳しい研修だったが、大変興味深いものであった。

その時だけやっても意味がない。「結局、普段が大事」という先生の言葉を忘れずに実践したい。

 

プログラムの考え方

  • 哲学・倫理観・人間性からのコンプライアンスアプローチ
    • そもそもに立ち返ってコンプライアンスの根源を教えます。
    • そして、誰もが納得する倫理観人間性の観点からコンプライアンスの本質を教えます。
  • 上記をふまえ、不正や違反を起こした企業の再生を妨げる「評論家意識」や「他責の空気」を徹底して直します。

 

内容

  • 発生事案をふまえたプログラムで実施します。(全国対応)
  • こちらまたは本ページ上部のボタンからお問い合わせ下さい。

 

迷ったら

対策しているのに問題が起きるのはなぜか?
それには理由があります。

 

講師

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

哲学や心理学に対する造詣が深く、それらの知見をコンサルティング・意識改革・人材育成等に採り入れ応用。伝統的日本企業の組織や人材に対する深い理解と経験を有しており、日本国内中心で活動している企業のみならず、グローバル企業に対してもコンサルティングサービスを提供している。

通常のコンサルティング・研修に加え、外資系クライアント向けに英語によるコンサルティングやファシリテーションも行う。

※ 講師によるコンプライアンス教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫