「研修したのにまだ問題が起きる」という時の研修
(その10)

1時間で行うコンプライアンス意識改革

人は「1時間」で変わります。

興味を持ったら「体験」を。

ポイント

  • 何をするか

→ 短時間による意識改革

  • やるとどうなるか

→ 前向きな自己否定、強烈な腹落ち、腹の底からの納得

 

背景の考え方

 

対象

  • 不祥事発生後の組織の社長・役員・取締役
  • 不祥事発生後の組織の管理職・リーダー
  • 不祥事発生後の組織の若手
  • 不祥事発生後の組織の新入社員

 

コンサルタント

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

哲学や心理学に対する造詣が深く、それらの知見をコンサルティング・意識改革・人材育成等に採り入れ応用。伝統的日本企業の組織や人材に対する深い理解と経験を有しており、日本国内中心で活動している企業のみならず、グローバル企業に対してもコンサルティングサービスを提供している。

通常のコンサルティング・研修に加え、外資系クライアント向けに英語によるコンサルティングやファシリテーションも行う。

※ 同コンサルタントによるコンプライアンス教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫

 

内容

  • 軽度なものを含めた、コンプライアンス上の問題が発生した組織を対象にした専門コースです。
  • 全国対応。
  • 詳細は中沢まで、本サイト運営会社のフォーム(別サイト)からお問い合わせ下さい。
  • 恐れ入りますが、同業組織の方や個人/プライベートのメールアドレスでのお問い合わせはご遠慮下さい。