現場の盲点をふまえた効果ある研修
2時間で学ぶコンプライアンスの基礎

ポイント

  • どんな研修か

やらされ感を与えない講義当事者意識が高まるコンプライアンス研修です。

  • やるとどうなるか

→ 基礎が身につき、コンプライアンスが規則やマニュアルの問題ではなく(社員一人一人にとって)自分の問題だと思うようになります。

 

方法

 

受講者の声

規則があればコンプライアンスは守られると思っていたが、そうでないことがよく分かった。

コンプライアンス問題が他人事でないことがよく分かった。

自分に足りないものがまだ沢山あることに気づきました。

 

対象

  • 大きな問題は起きていないが予防的に学んでおきたい組織
  • コンプライアンスの基礎が不足している、不祥事発生後の組織
  • コンプライアンスという言葉は知っているが断片的な知識しかない不祥事発生後の組織
  • 我流でコンプラインスをやってきた監督職や管理職がいる、不祥事発生後の組織

 

こんな時に特におすすめです

  • コンプライアンスは大事だから、基礎を学ばせたいと思う時。
  • きちんとコンプラインスを教えず、コンプライアンス上の問題を起こしてしまった時。
  • 規則やマニュアルを配ったが、コンプラインス上の問題を起こしてしまった時。
  • コンプライアンス教育はしていたが、不祥事が起きてしまった時。

 

詳細

  • 全国対応で少人数から大人数まで。
  • カリキュラム案をお送りします。こちらまたは本ページ上部のボタンからご連絡下さい。

 

迷ったら

対策しているのに問題が起きるのはなぜか?
それには理由があります。

 

講師

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

哲学や心理学に対する造詣が深く、それらの知見をコンサルティング・意識改革・人材育成等に採り入れ応用。伝統的日本企業の組織や人材に対する深い理解と経験を有しており、日本国内中心で活動している企業のみならず、グローバル企業に対してもコンサルティングサービスを提供している。

通常のコンサルティング・研修に加え、外資系クライアント向けに英語によるコンサルティングやファシリテーションも行う。

※ 講師によるコンプライアンス教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫