法令順守が定着する
「コンプライアンス人間学講座」

 

法律が規定するから正しいことをするのではなく、マニュアルが指示するから正しいことをするのでもない。
ひとりの人間として「そういうことはすべきでないからしない」と自分で意志し行動する

それが人間としてのコンプライアンスです
出所:中沢努「人間としてのコンプライアンス原論」

無断使用厳禁、パクりコピペ厳禁、無断転載厳禁
(無断転載や無断複製禁止)

コンプライアンスを定着させるには、社員ひとり一人がこの 「人間としてのコンプライアンス」 を理解し、実践しなくてはなりません

  • コンプライアンスを自分の問題としてとらえてもらう
  • そういう社員を1人育てる
  • (そういう社員が)1人から2人に増え、2人が3人に増える

これは、指導者する人が「人間を理解」し「人間を洞察」することなしには成り立ちません。

コンプライアンス人間学講座は、本サイト運営者が講師になって行うコンプライアンス推進者を対象にした多くのテーマを用い多角的な観点から学ぶ講座です。

  • 社員に教える
  • 社員をその気にさせる
  • 社員の行動を引き出す

人間に対する知識と洞察力を鍛え、コンプライアンスを定着させましょう。
無料体験(オンライン)はこちらから。 → クリック

無断使用厳禁、パクりコピペ厳禁、無断転載厳禁
(無断転載や無断複製禁止)

 

講師

 

 

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

※ 講師によるコンプライアンス資料をご参考下さい。→ ①公開資料集、②コンプライアンス資料庫