組織不正と裏マニュアル

不正が起こった企業にあった「裏マニュアル」。
それが昔から引き継がれていた。

そんな事態に遭遇した企業に必要なのは何か?

答えは、
世間様の目線で自社を見てみる
です。

なぜか?

そうしないと、何が悪かったのか分からないからです。

例えば、自分の息子や娘に言ってみればいい。

  • お父さんの会社、あそこだよ。
  • お母さんの会社、あそこよ。

例えば、自分の配偶者に言わせてみればいい。

  • うちの主人の会社、あそこなの。
  • うちの家内の会社、あそこなんだ。

どんな反応が返ってくるか?
それに何を感じるか?

ひどいことを言っているように聞こえるかも知れないが、それくらいしないと分からない

そんな気がしてなりません。

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)

2018年11月より、本資料を有償で社内利用できるサービスを始めました。
11月中にお申し込み頂くと半額でご利用できます。
ご希望の企業は使用したい資料のタイトルを明記しページ上部又は下部の青いボタンからお問い合わせ下さい。

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/