あたりまえのことを考えよう

何でもそうですが、人は皆、自分がその気になっていないものをやろうとはしません。
(あなたもそうでしょう?)

なのに多くの企業は、社員を「コンプライアンスを守る気にさせきらない」ままでいる
(・・・ように見える)

やったけどダメだった?
これ以上やってもムダだ?
・・そうかもしれません。

でも、そこで匙を投げていいのですか

【人は皆、自分がその気になっていないものをやろうとはしない】
(あなた自身を含めて)

このあたりまえを素直に見つめ、
社員にその気になってもらうよう、もっと愚直に努力すべきではないでしょうか。

コンプライアンスが守られない」とか、「コンプライアンスが定着しない」というのは、やるべき事をやりきった後ではじめて吐く台詞であり、それをやりきることをしないままで言うのは単なる甘えに過ぎない

厳しいようですが、そんな気がしてなりません。

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)

2018年11月より、本資料を有償で社内利用できるサービスを始めました。
11月中にお申し込み頂くと半額でご利用できます。
ご希望の企業は使用したい資料のタイトルを明記しページ上部又は下部の青いボタンからお問い合わせ下さい。

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/