コンプライアンス担当に必要な思考

それは深く考えること。・・・だから以下のような「本質を見抜く視線」を持たねばならない。

コストを下げた会社が賞賛された。
しかし本当に賞賛できるのだろうか?

  • 確かに、社員に強いたコスト削減努力を上回るものを社長が残したのであればいい。
  • 社長がどれだけコストを下げたか?そして、それは量や質の面において社長としてふさわしいものだったのか

このような点を追求し掘り下げ評価論評した報道を私は知らない。

私たちが普段目にしている報道や論評はこの程度のものだ。
このような報道や論評を読んで、ものが分かった気になってはいけない。

(出所)コストを下げた会社を私達は褒めていいのか?

(無断転載や無断複製禁止)

これは、弊社が行っている教育で実際に使用しているものです。