人間としてのコンプライアンス

※ 販売用。無料はこちら

(1)

日本を代表する企業による不正が相次いで起こった。

無資格者が検査を行い有資格者の判子を借りて書類を作成、基準を満たさない製品の品質データを書き換えて出荷、顧客の財務資料を改ざんするなど、いずれも歴史ある大組織で起こった不適切な行為である。

昔からのやり方を続けてきた」「社内にまずいという認識がないまま過ぎてしまった」などといった関係者の声がメディアで紹介されているが、当事者としては正直な感想なのであろう。

また、一部ではあるが「不正行為による具体的なトラブルは発生していないのだから、いいのではないか」「もともと過剰品質と言ってもいいくらいの高い基準を設けていたのだから、それが守られていなかったからといってこれほど騒ぐ必要などないではないか」というのが本音ではないかと思わせるような関係者のコメントも目にする。

 

(2)

再発を防ぐために何をすべきか

不正が起こると必ず指摘されるガバナンス体制やチェック機能の強化が大切であることは言うまでもない。が、このような施策だけでは不十分なことは過去の例が示している。

加えて必要なのは、【不適切行為をもたらした社員行動の奥底にあるであろう「慣例に従った仕事のやり方」や「社内常識」の見直し】、だ。

それには、これまでと違ったコンプライアンスに対する見方や考え方が求められる。

従来のコンプライアンス観では、「法規や法律に反していなければいい」「マニュアルを逸脱しても実害がなければ許される」など内輪の論理による言い訳が起き正しい行動が阻害されるからである。

 

(3)

そこで新しいコンプライアンスの捉え方を提案したい。

人間としてのコンプライアンス」である。

法律が規定するから正しいことをするのではなく、マニュアルが指示するから正しいことをするのでもない。ひとりの人間として「そういうことはすべきでないからしない」と自分で意志し行動する

それが人間としてのコンプライアンスだ。

誰もが持ちうる成熟した大人としてのモラルや倫理的な感情。

そういう内面を我々日本人が持っていることは、自然災害に直面した被災地の人たちの互いに助け合う姿を報道した海外のメディアを見ても明らかだ。

性善説だけで片付くほど現実は甘くない。が、性悪説的価値観を根底に含んだ懲罰的仕組みや体制作りだけで不正が抑止できないのも事実だ。

「すべきでないことはしない」という人としての素朴な感情にもとづくコンプライアンス観を一人でも多くの人が持ち、そんな価値観や行動が組織の中に育ったら不正も抑制されるのではないだろうか。

[2017年12月13日 公開]

初稿:2013年 2月20日(https://profile.ne.jp/w/c-102647/
第2稿:2015年 12月25日(https://profile.ne.jp/w/c-165675/
をふまえて作成。
別稿: 2018年 11月6日 (https://comemo.io/entries/11256

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)

(注意)本資料は有料です。

資料を公開する理由2つあります。

1つ目。
研修やコンサルティングで「情報でなく思想を語る」からです。
情報を伝えることでお金を頂いているのであれば、こんなことをしたら大損です。
同業のライバルが真似した資料をつくるかもしれません。

しかし、私がやっていることは違います
誰が教えても同じことを話す「情報」を伝えるのではなく、私自身が腹の底から思っていることをクライアントに語りかけ、意見を求め、共に考える
それによって当事者意識を持たせ、大事なことに気づいてもらい、自分で守るコンプライアンスを実現させる。
それが私がやっている教育やコンサルティングです。

そうでなく情報を話すのであれば、商売あがったりになるからこんなことはしません。

2つ目。
「その方がお客さんが安心して資料を買える」と思うからです。
サンプルとして一部分だけを見せ購入させることが本当にお客様のことを考えたやり方なのだろうか。
全てを見た方が安心だし、納得して購入頂ける。
お客様のことを考え、買って頂くものをあらかじめ公開することにしました。

https://pensee-cmp.com/なぜ資料を公開するか/

※これはネット上の展示物です。街中の展示物を取ったらドロボウであり、それはネットでも同じです。
気をつけよう、何気ないコピペの記事にある最下部をふまえ、コンプライアンスに携わる人として胸を張れる使い方をすることが日本企業のコンプライアンス実現につながります。
※※ コピペ厳禁です。社内で使いたい場合は有償のPDF版をご利用下さい。→クリック

資料作者

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

哲学や心理学に対する造詣が深く、それらの知見をコンサルティング・意識改革・人材育成等に採り入れ応用。伝統的日本企業の組織や人材に対する深い理解と経験を有しており、日本国内中心で活動している企業のみならず、グローバル企業に対してもコンサルティングサービスを提供している。

通常のコンサルティング・研修に加え、外資系クライアント向けに英語によるコンサルティングやファシリテーションも行う。

※ 同作者による他の教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/