誓約書の意義

誓約書の意義とは何か?

  • 書く、ことではない
  • 出す、ことでもない
  • 会社に誓う、ことでもない

では一体?
答えは・・・

会社でなく、上司でなく、【自分自身に誓う】こと、です。

  • 「書かせる」、から形骸化する
  • 「出させる」、から形骸化する
  • 「誓わせる」、から形骸化する

大事なのは、
自分の意志>で<自分自身に誓う
こと。

会社が手にするのはその結果に過ぎない。
それが誓約書の意義です

なのに、ほとんどの企業が「自分」でなく「会社」に、誓わせている。
まったくもって本末転倒。

こんなあたりまえのことになぜ気づかないのか?
こんなあたりまえのことになぜ気づけないのか?

全ての企業が「自分たちのしていること」と「誓約書の意義」を再考すべきでないか

そんな気がしてなりません。

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をブログ用に書き換え)
(無断転載や無断複製禁止)

これは、弊社が行っている教育で実際に使用しているものです。