不正をしないための基本動作

それは相手の身になること。
口先だけでなく、自分の行為が及ぼす相手に配慮し、それを邪魔する「売上の重力」から少しだけ距離をおくこと。

物理的な意味だけでなく、空気そのもの・・・私の胸が吸う、私の耳が聞く、私の肌に触れる、・・・体に感じる全てのものがゆったりしていた

私は深く考え深く感じ対象の中に自分を溶かしていった
対象は私と混ざり、やがて同化していった。

そして私は新しい着想を得た。

(出所) 対象との同一化

(無断転載や無断複製禁止)

これは、弊社が行っている教育で実際に使用しているものです。