違反する組織の特徴

コンプライアンス違反を起こす組織には、以下のような傾向が見られます。

  • 違反するしているという意識自体が薄いまたは無い。
    組織が認識麻痺に陥っている。
  • 良くないことだ」という意識はあるが、見て見ぬふりをしている。
    問題が他人事として扱われている。
  • 「違反する/している」ということを意識している人はいるが、それが他の人外部に伝わりきらない。
    問題が隠蔽、黙殺されている。

(無断転載や無断複製禁止)
コピペ厳禁です。社内で使いたい場合は、本基礎講座をPDF版で販売(資料本体、別冊 講師用投げかけトーク資料)していますのでこちらをご覧下さい。

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/