油圧機器メーカーによるデータ改ざん問題

油圧機器メーカーによるデータ改ざん問題、すべきは何か?

 

油圧機器メーカーが起こした免震ダンパーデータ改ざん問題。

震度7程度の地震でも倒壊の恐れはない(国土交通省)という報道もあり「製品を交換すれば実害はない」という

見方もあります。

その見方自体は否定されてはいけませんが、忘れてはならない大事なことがあります。

それは

当事者は「起こってしまったことは仕方ない。交換すればいいだろう。それが実害を防ぐ確実な方法なのだから
済ませてならない

とうことです。

世間はそれで済ませてもいいでしょう。

納入された物件オーナーや居住者はそれで済ませてもいいでしょう。

でも、それを起こした当事者はいけない

  1. 当事者である会社は、親会社を含め組織が存続し続ける限りその事実を背負い続ける
  2. 親会社を含め当事者である会社のトップは、生きている限りその事実を背負い続ける
  3. 口頭で脈々と受け継いできた不正に実際に手を染めた人は、自分が生きている限りその事実を背負い続ける

それが人として最低限負うべき責任ではないでしょうか。

 

出所:中沢努「人間としてのコンプライアンス原論」

無断使用厳禁、パクりコピペ厳禁、無断転載厳禁
(無断転載や無断複製禁止)

 

じゃあどうしたらいいの?
お気軽にご相談下さい。