油圧機器メーカーによるデータ改ざん問題

油圧機器メーカーによるデータ改ざん問題、すべきは何か?

油圧機器メーカーが起こした免震ダンパーデータ改ざん問題。

震度7程度の地震でも倒壊の恐れはない(国土交通省)という報道もあり「製品を交換すれば実害はない」という見方もあります。
その見方自体は否定されてはいけませんが、忘れてはならない大事なことがあります。

それは
【 当事者は「起こってしまったことは仕方ない。交換すればいいだろう。それが実害を防ぐ確実な方法なのだから」で済ませてはならない
とうことです。

世間はそれで済ませてもいいでしょう。
納入された物件オーナーや居住者はそれで済ませてもいいでしょう。
でも、それを起こした当事者はいけない

  1.  当事者である会社は、親会社を含め組織が存続し続ける限りその事実を背負い続ける
  2.  親会社を含め当事者である会社のトップは、生きている限りその事実を背負い続ける
  3.  口頭で脈々と受け継いできた不正に実際に手を染めた人は、自分が生きている限りその事実を背負い続ける

それが人として最低限負うべき責任ではないでしょうか。

 

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)
コピペ厳禁です。社内で使いたい場合は有償のPDF版をご利用下さい。→クリック

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/