不祥事事案に「テンプレート教育」は効かない

そのワケは?

不祥事発生企業不正の再発防止のためにコンプライアンス教育を行う。

その時、
「テンプレ化された教育」ダメです

なぜか?

テンプレート化された教育は、
誰にでもあてはまる教育だからです。

不正が起こった現場に入り、事象の背景を探る。

すると見えてくるのは、
(1) そうせざるを得ない「何か」 (組織要因)
(2) そうせざるを得ない「何か」 (上司要因)
(3) そうせざるを得ない「何か」 (本人要因)
(4) そうせざるを得ない「何か」 (顧客要因)
(5) そうせざるを得ない「何か」 (その他環境要因)

いずれも、
不正を行為した当事者にしか分からない
・ 苦悩
・ 苦しみ
・ 闇
がその背後に隠れている。

(何も考えていないノー天気社員による不正であっても、それなりの “闇” がある)

不祥事は、
一般論」でなく「個別論
で起こります。

だから駄目なのです。
「誰にでもあてはまるテンプレート化された教育」をやるのは。

テンプレ化された教育をやればやるほど
一般的な学びで「学んだ気持ち」になり、表面的な理解反省で終わります。

必要なのは、
起こした不正が抱える「ベタな固有事情」に迫る
ことです。

不祥事の後には、
こういう教育をやらねばならないのです。

初稿:2017年 1月13日 (https://profile.ne.jp/w/c-179301/

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)
コピペ厳禁です。社内で使いたい場合は有償のPDF版をご利用下さい。→クリック

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/