パワハラ対策のポイントは「事例」と「◯◯」

パワーハラスメントを防ぐための対策。
ポイントは「事例教育」と「人間性の教育」です

前者だけではいけません

(コピペ、パクリ、無断転載禁止)

筆者

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

※ 同筆者による他の教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫