コンプライアンス、新型コロナ後の「ニューノーマル(新常態)」で求められるのは

社員の職務行動が不健康になれば、不正は起きやすくなります。

 

新型コロナにより、企業はコンプライアンス研修の見直しを迫られています。

それは、

  1. 企業は 【カネを追う】 と当時に カネと真逆にあるもの】 も追わねばならない
  2. それが出来ない企業は、世の中から相手にされなくなる

ということです。

つまり、これまで以上に【企業としての社会的責任を重視したコンプライアンスが求められるということです。

特に、

  • 企業は、社員の健康を守らねばなりません。
  • 社員の家族も守らねばなりません。

なぜなら、体が不健康であれば、社員の職務行動も不健康になるからです。
そして、
社員の職務行動が不健康になれば、不正は起きやすくなります

 

新型コロナ後の「ニューノーマル(新常態)」では、企業は 「新しい生活様式」をふまえたコンプライアンス研修 に軸足を移す必要があります。(見本(体験用デモ)は、上記リンク「新しい生活様式~」をクリック)

企業が社会的責任を果たすとはそういうことです。

(無断使用、パクリ、無断転載、無断複製禁止)