教育内容の構成/割合 -コンプライアンス教育のノウハウ(1)

社内で行うコンプライアンス教育は、以下の割合で構成しましょう。

  1. 法規や法律に関するもの (33.3%)
  2. 内部規則や社内マニュアルに関するもの(33.3%)
  3. 倫理、道徳、人間性に関するもの (33.3%)

出所:中沢努「人間としてのコンプライアンス原論」
無断使用厳禁、パクりコピペ厳禁、無断転載厳禁
(無断転載や無断複製禁止)

1番と2番はほとんどの企業が行っていますが、3番はまだやっていない企業が目立ちます。

コンプライアンス教育の全体のうち3割は 「倫理、道徳、人間性に関する教育」 を行いましょう。

(無断転載や無断複製禁止)

 

コンプライアンスを難しく考えず、わかりやすい言葉で、コンプライアンス教育をしています。
本サイト上部の青いボタンからお気軽にお問い合わせ下さい。

また、いつでもどこでも簡単に受けられる オンデマンドセミナー もやっています。

 

 

資料作者/サイト運営者
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー代表  中沢 努