コンプライアンス、何が問題か?

前回

・・・ 守れと言っている人が、守ろうと言っている人が、仕事として、どこか割り切って「守りなさい」とか「守ろう」と言っている

割り切り自体を責めているのではない。
私が責めるのは、 「それに気づいていない」  こと、だ。

社長も、役員も、管理職も、平社員も。
みんなそういう自分に気づいていない。

あなたに聞いてみたい。
真っ直ぐに問うてみたい。

  • なぜ、気づけない?
  • そもそも、こういう視点を持っていたか?
  • 持っていなかったとしたら、そういう自分をどう思うのか?
  • この程度のあたりまのことができていないで、どうしてコンプライアンスが守られるのか?

真剣に自問自答すべきではないか
と、私は考えます。

続き→ クリック

出所:中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」
無断使用厳禁、パクりコピペ厳禁、無断転載厳禁
(無断転載や無断複製禁止)

コンプライアンスを難しく考えず、わかりやすい言葉で、コンプライアンス教育をしています。
本サイト上部の青いボタンからお気軽にお問い合わせ下さい。

また、いつでもどこでも簡単に受けられる オンデマンドセミナー もやっています。

 

守れと言わない研修(規則遵守研修)

小さな違反撲滅研修(コンプライアンス)

コンプライアンス誓約書研修

パワハラの本質を学ぶ (パワハラ研修)

コンプライアンス 気づき集中研修

 

資料作者/サイト運営者
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー代表  中沢 努