「意識」が変わる

コンプライアンス問題が他人事でないことがよく分かった。

(受講者コメント)

 

「コンプライアンスは社員一人一人の問題だ」という意識が不足している会社がありました。
皆、アタマで理解してもココロでは理解しませんでした。

なぜか?
・・・教える側がアタマで教えるからです。

この研修では、コンプライアンスを心で教えました。
その結果が、このコメントです。

  • コンプライアンスは他人事ではありません。
  • いつでも、誰にでも起こりうる問題です。

で教えれば、で理解します。
必要なのは頭の理解を心の理解へと押し上げることです。

無断使用厳禁、パクりコピペ厳禁、無断転載厳禁
(無断転載や無断複製禁止)

 

講師

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

※ 同講師による他の教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫