(1)
仕組みやツールを整えても、コンプライアンス上の問題が起きる。
現在の日本企業を取り巻くコンプライアンス上の課題は本質的には道徳的な問題です。
道徳的節度の欠如」が根底にあるからです。

(2)
コンプライアンス戦略/コンプライアンス政策を担う部長・役員には以下が求められています

  • 政府の倫理教育の必要性ニュース・事例を知る。
  • コンプライアンス問題の根底にある「道徳的節度の欠如本サイト読者へ の存在
  • コンプライアンスを指揮する人間には「成熟した一個の人間としての在り方」と「座学では学べない人生経験」が必要本サイトを使う人へ

(3)
上記から、コンプライアンス戦略/コンプライアンス政策を担う部長・役員は

  • 倫理学を学び
  • それを自社のコンプライアンス政策やコンプライアンス戦略反映させる

必要に迫られています。

(4)
コンプライアンス戦略/コンプライアンス政策を担う部長・役員を対象にコンプライアンス違反を減らす倫理学を教えています。
実効性のあるコンプライアンスを実現したい部長以上の管理職や経営者はこちらを読み、ご連絡下さい。

 

資料作者/サイト運営者
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー代表  中沢 努