組織ぐるみの不正は一部の者だけが悪いのか?

確かにそうかもしれない。
が、「本当にそう」だろうか?

  • そういう組織を作ったのは「一部の者」だけか?
  • そういう空気を許してしまった「何か」を「他のメンバーも持っていた」と言えないか?
  • そういうことを結果的にやってしまった組織の一員の言い分を、世間は認めるか?

もし、そんな不正を起こした組織の人自身が逆(=世間)の立場だったら、そんな言い分を快く認めるだろうか?

組織ぐるみの不正。
確かに、一部の者だけが悪いのかもしれない。

でも、敢えて「本当にそうだったのだろうか?」と自問自答することが必要であるように思う。

そんな気がしてならない。

 

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をブログ用に書き換え)
(無断転載や無断複製禁止)

これは、弊社が行っている教育で実際に使用しているものです。