組織ぐるみの不正は一部の者だけが悪いのか?

確かにそうかもしれない。
が、「本当にそう」だろうか?

  • そういう組織を作ったのは「一部の者」だけか?
  • そういう空気を許してしまった「何か」を「他のメンバーも持っていた」と言えないか?
  • そういうことを結果的にやってしまった組織の一員の言い分を、世間は認めるか?

もし、そんな不正を起こした組織の人自身が逆(=世間)の立場だったら、そんな言い分を快く認めるだろうか?

組織ぐるみの不正。
確かに、一部の者だけが悪いのかもしれない。

でも、敢えて「本当にそうだったのだろうか?」と自問自答することが必要であるように思う。

そんな気がしてならない。

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)

2018年11月より、本資料を有償で社内利用できるサービスを始めました。
11月中にお申し込み頂くと半額でご利用できます。
ご希望の企業は使用したい資料のタイトルを明記しページ上部又は下部の青いボタンからお問い合わせ下さい。

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/