時には必要なショック療法

コンプライアンス研修の内容。
それなりに決まっていて、「まあこんなものだろう」という一般的なイメージがあります。

でも、「それだけでいいのかな?」と思います。
なぜなら、そういう研修をやっても違反の芽を摘むことが出来ていないからです。

たまには、社員がビックリするくらいの「ショック療法も必要ではないでしょうか。

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)

2018年11月より、本資料を有償で社内利用できるサービスを始めました。
11月中にお申し込み頂くと半額でご利用できます。
ご希望の企業は使用したい資料のタイトルを明記しページ上部又は下部の青いボタンからお問い合わせ下さい。

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/