はじめにすること

コンプラインスには、はじめにすることがあります。

それは何か。
知っていますか?

「うそだろ」と思うかもしれませんが、これは本当です

答えは、

  • コンプライアンスを「コンプライアンスという概念」で教えない
  • 社員にコンプライアンスという枠組み」を持たせない

です。

 

なぜか?

以下のようなことが多発する、からです。

  • コンプライアンス違反というほどでないからいい
  • 法律に書いていないからいい
  • 規則に書かれていないからいい
  • マニュアルに無いからいい
  • グレーゾーンだからいい

 

コンプライアンスという概念で教えるとこうなるのです。
これをやっている限り、本当のコンプライアンスは実現できない

コンプラインスではじめにすべきこと。

それは、
私たちの中からコンプライアンスという枠組みを外すこと。

そう、私は考えます。

 

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をブログ用に書き換え)
(無断転載や無断複製禁止)

これは、弊社が行っている教育で実際に使用しているものです。