コンプライアンスカードとか冊子

コンプライアンスの注意事項をカードや冊子にする会社があります。

たくさんあります。

でも、そのうちのほとんどが「作っただけ」になっています

 

ちょっと辛口の言い方になりますが、結局見通しが甘いんですね

  • 作ってどうする?
  • どうやって浸透させる?
  • 配っただけになっていたらどうする?

 

作ることを悪く言っているのではありません。

作ることでやった気になり、そこで手を緩めていることが問題だと言っているのです。

 

コンプライアンスカードや冊子は手段(または道具)に過ぎない。

道具は実際に動かしてはじめてその効果を発揮する。

そう私は考えます。

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)

2018年11月より、本資料を有償で社内利用できるサービスを始めました。
11月中にお申し込み頂くと半額でご利用できます。
ご希望の企業は使用したい資料のタイトルを明記しページ上部又は下部の青いボタンからお問い合わせ下さい。

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/