コンプライアンス、本気になるには

コンプライアンス対策を本気でやるにはどうしたらいいか?
あなたは知っていますか。

本当はこんなこと言いたくないのですが、正直に言います。

多くの企業の実態を見てきた経験から言えるのはこれです。

【 痛い目に遭うまで放っておく 】

・・・結局、分からないんですね。
自分が当事者にならないと。

  • どの企業も正直言って甘い。
  • どこか他人事(ひとごと)。
  • 自分のところは大丈夫、とどこかで思っている

 

皆さんに子供がいたら言いませんか
「お前、その時になったら遅いんだぞ
「だから、今からしっかりやっておけよ
って。

皆さんに部下がいたら言いませんか
「君、その時になったら遅いよ
「だから、今からしっかりやっておいた方がいいよ
って。

 

なのに、子供や部下にそういうことを言っているであろう人が、自分のことになるとやらない
できない。

でも、その時になったら遅いんです。

だから、今のうちにやっておいた方がいい。

そう私は考えます。

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)

2018年11月より、本資料を有償で社内利用できるサービスを始めました。
11月中にお申し込み頂くと半額でご利用できます。
ご希望の企業は使用したい資料のタイトルを明記しページ上部又は下部の青いボタンからお問い合わせ下さい。

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/