なぜコピペって罪悪感なしでできるのだろう?

※ 販売用。無料はこちら

何気ないコピペ、気をつけよう

上司に頼まれてレポートを書く。
或いは、取引先に出すために提案書をつくる。

こういう時に活躍するのがネットです。

「調べて、コピペ」

やったことないと言う人はたぶんいないでしょう。

最近は著作権侵害への注意喚起も盛んになり、多くの人が意識しながら書類をつくるようになりました。

それでもささいなレベルを含めると、きっとどこかで「隠れた著作権侵害」が起きているのではないでしょうか。

ネットでコピペする時の心理というのは、他のものと比べるとハードルが低いような気がします。

 

本は買うもの。
書店であれオンライショッピングであれ、皆、お金を払って入手します。

でもネットは課金コンテンツを除けばタダで入手できます。

だからでしょうか。
平気でコピペし使う人が少なからずいます。

無断複製禁止」とか「無断使用ご遠慮下さい」と書いてあっても、守らない人もいます。

  • 宣伝のためにショーウィンドーへ表現物が印刷されたものを飾ってみる。
  • 販促活動の一環として、表現物が印刷されたものをお客さんの前に陳列する。

これを黙って取ったら泥棒になると誰もが思う。
(無断で持ち去らないで下さい、などの注意書きがなくても)

  • でも、宣伝のために「無断複製禁止」を明示して表現物をネット上に開示してみる。
  • 販促活動の一環として、「無断使用ご遠慮下さい」と明示して表現物をネットユーザーの前に開示する。

これを黙ってコピペしたり、黙って社内資料の一部に混ぜ込んだら泥棒になる、とは思わない(思えない)人がたくさんいる。

(出所) ネット上のコンプラアンス資料はタダという意識

 

他人がつくったものを自分の都合で拝借するというコピペという行為。

拝借する人には、作成者に対する感謝の気持ちやそれを尊重する気持ちがあるのが礼儀

でも、その時のハードルは低くなりがち。

  1. 「ネットだからタダ」とか「有料サイトでなければタダ」というのは思い込み。
  2. 「ネットでは皆そうしているのだからいいだろう」と思い、何でもかんでもそれがまかり通る、というのも思い込み。
街中の展示物を取ったらドロボウです。
それはネット上でも同じなのです。

初稿:2018年 10月30日 (https://comemo.io/entries/11106

(中沢努 「人間としてのコンプライアンス原論」を一部加筆)
(無断転載や無断複製禁止)

(注意)本資料は有料です。

資料を公開する理由2つあります。

1つ目。
研修やコンサルティングで「情報でなく思想を語る」からです。
情報を伝えることでお金を頂いているのであれば、こんなことをしたら大損です。
同業のライバルが真似した資料をつくるかもしれません。

しかし、私がやっていることは違います
誰が教えても同じことを話す「情報」を伝えるのではなく、私自身が腹の底から思っていることをクライアントに語りかけ、意見を求め、共に考える
それによって当事者意識を持たせ、大事なことに気づいてもらい、自分で守るコンプライアンスを実現させる。
それが私がやっている教育やコンサルティングです。

そうでなく情報を話すのであれば、商売あがったりになるからこんなことはしません。

2つ目。
「その方がお客さんが安心して資料を買える」と思うからです。
サンプルとして一部分だけを見せ購入させることが本当にお客様のことを考えたやり方なのだろうか。
全てを見た方が安心だし、納得して購入頂ける。
お客様のことを考え、買って頂くものをあらかじめ公開することにしました。

https://pensee-cmp.com/なぜ資料を公開するか/

※これはネット上の展示物です。街中の展示物を取ったらドロボウであり、それはネットでも同じです。
本記事をふまえ、コンプライアンスに携わる人として胸を張れる使い方をすることが日本企業のコンプライアンス実現につながります。
※※ コピペ厳禁です。社内で使いたい場合は有償のPDF版をご利用下さい。→クリック

資料作者

本サイト運営者 中沢 努

早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」の分野を中心に活動。

哲学や心理学に対する造詣が深く、それらの知見をコンサルティング・意識改革・人材育成等に採り入れ応用。伝統的日本企業の組織や人材に対する深い理解と経験を有しており、日本国内中心で活動している企業のみならず、グローバル企業に対してもコンサルティングサービスを提供している。

通常のコンサルティング・研修に加え、外資系クライアント向けに英語によるコンサルティングやファシリテーションも行う。

※ 同作者による他の教育資料もご参考下さい。→ コンプライアンス資料庫

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、https://pensee-cmp.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。